BIZEN GALLERY AOYAMA

ENGLISH

TEL . 03-3797-4039

土味(土の表情)窯変(焼成後の様々な色合い)の魅力
備前焼はもともと須恵器の伝統を受け継いだものであり、岡山県備前市伊部を中心に焼き継がれてきたやきものです。日本には鎌倉時代から、六つの主要な窯地が存在します。備前は1000年以上炎を絶やすことなく製造し続けている古代窯地の一つです。多くの窯の中心地は、桃山時代末期にはその活動力を失ってしまいました。備前焼は江戸期には細工物などへ移行しつつ、器としての役割と置物としての役割を担い進化して参りました。古来茶人や大衆に愛された備前焼が、古い伝統をいまに受け継いで今日まで残り続けてきたのは、土そのままを(無釉の)焼き締めた土味の魅力であり、自然窯変の不思議な美しさがあるからです。
備前焼の陶土は主に田んぼから掘り起こされる田土(細かい土味)と山から掘り起こされる山土(ざっくりした感じの土味)からなり、その鉄分に富んだ陶土によって、独特な深い色合いを生みます。そうして形作られたものは、登り窯、あるいは穴窯に入れられ、松割木を主な燃料としおよそ1週間前後焚かれます。または数日間焚かれ、何回と窯につめられ重ね焼きをされます。備前には主に四つの景色:胡麻緋(火)襷サンギリ灰かぶりがあります。全てを総称して窯変と呼びます。焼けは窯の中で変わるという意味からです。二つとして同じ景色のものはございません。(灰かぶりや、青グレーに発色した中に、赤や黄のボタの景色が出ているものを窯変と呼ぶこともございます。)
胡麻とは、窯の中で割木(薪)の灰をかぶり、付着するものです。それが溶けて自然釉となり景色をつくります。黄色い胡麻ペーストのように見えることからこう呼ばれています。胡麻でも黄色や緑色、カセ胡麻や糸胡麻といろいろ種類(呼び名)がございます。
ゴマ カセゴマ
緋(火)襷とは、本来器同士の溶着を防ぐ為に藁を巻いて焼くことによって出た景色であり、藁のアルカリ分が土の鉄分に反応し赤く発色し、まるで炎のような紋様を残します。緋襷は軽視されがちですが、一番と言ってよいほど、焼成が難しいと多くの作家さんが言われます。登り窯・穴窯・電気窯とそれぞれの窯、それぞれの土、それぞれの焼成の特徴が色として出ます。また良質な土味をもっとも感じることが出来る焼けの一つと言えます。
緋襷(登窯)
サンギリとは、器の一部が灰に埋もれて還元状態になりグレーに発色したものをいいます。なかなかそう取れる景色ではございません。炭等を入れ、意図的に発色させる方もおります。自然に作品の良い個所に出たサンギリは貴重と言えます。
灰かぶりとは、器に大量の灰を被り、まるで溶岩のごとく冷えて固まったもので、薪で焚くやきものの醍醐味と言える景色です。
上記にもございますが、総称して使われる表現としまして、窯変という言葉がございます。窯の中で炎や灰が様々な景色を創ることを意味しております。いろいろな色合いや、焼け肌はある程度作家さんも窯の場所や経験等で推測して行う事が出来ますが、100%出来るものではございません。ここに炎だけがなしえる未知の領域が存在し、人々の心を魅了する一つだけの作品が生まれるのです。
伊部または伊部手と備前の区別 備前市伊部のやきものという意味での伊部焼と、鉄分の多い土を器に塗って焚いたもの(=塗り土:焼成後黒く発色することが多い)という意味での伊部焼と二通りの解釈がございます。後者の意味で伊部とされている作家さん達は、器と同じ塗り土をしたものを備前とされます。一概に黒いやきものを伊部と判断される場合がございますが、色合い的なものよりも、造形的な意味で伊部とされることが多いです。耳の付いた耳盃や文字が彫られているもの、青銅器や祭器の影響を受けているようなものの場合です。
備前焼の主な長所は、水との相性が良く、水を浄化する作用があると言われております。お花もガラスの花瓶より長く活けることが出来ます。侘びた雰囲気が一層花を美しくひきたててくれます。また外見的にも水で濡らしますと、備前焼本来の美しい色合いが現れ、乾いた状態より何倍も美しい姿になります。釉薬を被っていないため、こうしたハッキリとした色合いの変化を感じることが出来ます。またお使い頂く際には、水で濡らすことにより、油分や臭いを含ませにくくなります。お酒を飲む酒呑等は、見込みの中に灰を被って一見汚く見える作品ほど、お酒を入れますとくすんでいた色合いの部分が鮮やかになり、中の景色がピカピカときれいに浮いて見えます。多くのお客様は備前でお酒を飲むと美味しくなると言われます。やきものに共通して言えることですが、使い込めば使い込むほど、しっとりとしてきます。何年もかかりますが、是非たくさんお使い頂き、器を育てて頂きたく思います。
備前の器の使い方 ・・・お使いになられる前に
直しの美・・・破損した器をオシャレに再び蘇らせる
窯について
お二人の作家さん(高原卓史さん、高力芳照さん)にご協力頂き、窯について簡単ではございますが見て行きましょう。窯の全景この窯は高原さんの登り窯と言われる窯です。現在焚いてることがわかりますね。後ろにはたくさんの割木が見えます。
ところで、火を入れる前にどのように窯に作品を詰める(窯詰)のかを見てみましょう。きれいに無駄無く 詰まってますね。この作品の置き方によっても炎の流れが変わってしまい、失敗するととんでもない ことになってしまうそうです。大きなものが上の方にあることや、作品が手前にころがしてあること等がわかりますね。白くなっているところは高原さんの秘密です。ここでのキーワードは”ころがし”皆様、後にころがしで取れた作品を見て下さいね。備前の醍醐味”窯変”の取れる大切な場所です。
それでは火の入った窯の中をのぞいてみましょう。これは600度に達した窯の中の様子です。実際に焚いているところを見れるのは貴重なことです。最高温度の1260度(作家さんによって異なります)のちょうど中間です。「土と炎によってのみ創られる備前焼」のまさにその”炎”です。割木が燃え、やがて灰となって降り積もり、それらが独特な景色を生みます。
900度やはり600度とのちがいは一目瞭然ですね。近くに寄ると本当に熱そうです。窯全体に熱が行き渡っていることがわかりますね。
みなさんと一緒に次は1200度を見たいところですが、窯出しをする前の様子を見て頂きます。 ここはゴマがかかった作品が多いですね。灰かぶりはダイナミックで花形の焼けですが、ゴマも備前王道の素晴らしい景色です。窯詰めの場所によってこんなに”焼け”にちがいが 出る事がわかりますね。作品を出した後、一つ一つ磨いて、花器等は水漏れのチェックを受け、初めて一つの作品として完成するわけですね。 簡単にまとめさせて頂きましたが、皆様どのように思われましたか?
還元焼成や酸化焼成をして、作家さんが理想とする好みの焼き具合に仕上げます。 一つの作品がどこに置かれ、どのような向きから炎を受けたのか どのようにして灰がかぶったのか等を推測することの楽しみと、焼成がいかに難しいものなのか、1回で取れる窯変の作品がいかに少ないのか等を知ることが出来ました。
窯図
薪の量
直径10cm長さ1mの割木1本が5本セットになって1束のものを10日間でおよそ1000束も使用します。
厳選された専門店のオンラインショッピング
 Copyright BIZEN Inc. all rights reserved. 作家略歴 |  表記の見方 |  購入方法 |  お問い合わせ |  特定商取引に関する法律に基づく表示