BIZEN GALLERY AOYAMA

ENGLISH

TEL . 03-3797-4039

備前焼の魅力と扱い方
備前焼の器 特に油ものをのせるお皿等はお使い頂く上で少し注意して頂く必要がございます。 土味や焼けにもよりますが、一般的に全て焼き締め(釉薬を被っていない)の器はお使い頂く前に、お水に浸して下さい。 特に初めてお使いになる場合は必ず行って下さい。 ザックリした土味や焼けの甘めの作品は特に注意です。 お水で濡らすことにより、油分や臭いを防ぎます。 また見た目も色が一層鮮やかになり美しく見えます。 (それ以前の段階で、器を煮沸するべき等いろいろ言われておりますが、当店では特に煮沸することは推奨しておりません。) 実際私の場合は水に濡らすだけで、簡単に拭いてから、すぐに料理を盛ってます。 なにも問題はございません。 (濡らさず、揚げたてのコロッケ等を盛るのはお控え下さい) 使い終わりましたら、出来るだけ早めに洗って下さい。 油ものの際は洗剤をお使い下さい。 よく洗い、よく乾かして下さい。 出来るだけ空気にあてて下さい。 完全に乾きましたら、食器棚へ収納して下さい。 よく乾かさないで収納されますとカビが生えることもございます。 電子レンジはなるべく使用を避けて下さい。 大丈夫と言われる方もおりますが、何が起こるかわかりませんし、お勧め出来ません。 備前は使えば使うほど良くなります。 それを是非、ご自身で体験して頂きたく存じます。
「百聞は一見に如かず」見て頂いて感じて頂きましょう。乾いている状態の備前焼は、本来もつ美しい姿の、半分ぐらいの魅力しか表現出来ていないと言っても過言ではございません。焼けにもよりますが、特に濡らしてあげると生き生きするタイプの作品がございますので、一部ではございますが、ご紹介させて頂きます。
板の色合いが同じように、まったく同じ条件で撮ったものですが、器の色合いがよりハッキリと濃くなったことと、景色が浮き出てきたように感じて頂けたことと存じます。
前に戻る
Copyright BIZEN GALLERY AOYAMA all rights reserved.
 Copyright BIZEN Inc. all rights reserved. 作家略歴 |  表記の見方 |  購入方法 |  お問い合わせ |  特定商取引に関する法律に基づく表示