金重晃介 プロフィール
金重晃介
1943 人間国宝金重陶陽の三男として備前市伊部に生まれる
1968 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1970 同大学院彫刻科修了
1975 陶芸による作品を発表し始める
1977 東海大学教養学部講師等を経て備前に帰る
1982 備前市香登に築窯
1988 第一回サントリー美術館大賞展 招待出品
1991 陶彫制作(福井県宮崎村)
     陶壁[光と風と」制作(岡山損保ジャパンビル)
1992 日本の陶芸「今」100選展 招待出品(パリ)
     「陶・金重晃介」京都書院より出版
1995 「陶芸の現在−発信する器」展 出品(東京・京都)
1997 陶壁「光と風と海と」(広島県廿日市市さくらピア)
1999 日本の工芸「今」100選展 招待出品(パリ)
2000 うつわをみる‐暮らしに息づく工芸-展 招待出品(東京国立近代美術館工芸館)
2003 現代陶芸の華展 招待出品(茨城県陶芸美術館)
     第二回京畿道世界陶磁ビエンナーレ 招待出品(韓国)
2005 個展(ニューヨーク)
     現代日本陶芸展(ボストン美術館)
2007 金重晃介展 (備前焼ギャラリー青山)

受賞歴
日本陶芸展入選(’81)
朝日陶芸展入選(’87)
田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞 (’88 ’90)
焼締陶展記念賞(’91)
日本陶磁協会賞(’94)
山陽新聞社賞(’99)
岡山日日新聞社賞(’05)

作品収蔵先
サントリー美術館
岡山県立美術館
井原市立田中美術館
新見美術館
東京国立近代美術館
Bizen Gallery Aoyama Back